NOT TO WIN BUT TO TAKE PART~オリンピックなこころ


by komakado
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

維新のエネルギー

 2010年が明けました。おめでとうございます。
 21世紀も10分の一にはいりました。
 政権交代が起こり、チェンジを掲げたアメリカに続いて「環境新時代」の大きなうねりが聞こえます。
 鳩山新政権は官僚依存を廃した政務三役会議、事業仕分け、核密約の検証など戦後保守行政の公開精査を進めています。
 マニフェストの実現には、ちょっと現実の厳しさが堪えているようですが、あせらず改革をすすめてほしい。
 沖縄基地移転問題が遅れているのも政権交代のリスクとして止むを得ない。
 単に普天間に止まることなく、国際戦略に沿った多くの納得がえられるような決定をしてほしい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2010-01-01 09:06 | ニュース

維新のエネルギー

 2010年が明けました。おめでとうございます。
 21世紀も10分の一にはいりました。
 政権交代が起こり、チェンジを掲げたアメリカに続いて「環境新時代」の大きなうねりが聞こえます。
 鳩山新政権は官僚依存を廃した政務三役会議、事業仕分け、核密約の検証など戦後保守行政の公開精査を進めています。
 マニフェストの実現には、ちょっと現実の厳しさが堪えているようですが、あせらず改革をすすめてほしい。
 沖縄基地移転問題が遅れているのも政権交代のリスクとして止むを得ない。
 単に普天間に止まることなく、国際戦略に沿った多くの納得がえられるような決定をしてほしい。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2010-01-01 09:06 | ニュース

松井エンゼルス

 「エンゼルス松井誕生」と今日の地元紙夕刊がトップで報じている。
 MVPとっても球団の方針は「若返り」とシビアで、これ以上待っていても~とついにギリギリの決断となったようだ。
 不思議とアメリカのファンも冷静で、惜しむ声は多くても引き止める動きはない。
 スーパー・エージェントのスコット・ボラス氏によると、「球団経営者は収益をファンに還元していない」と苦言を呈している。
 不況、不況と言いながら、球界全体の収益は昨季60億ドル(約5400億円)あり、今季もそれに迫る勢いという。しかし、オーナーは選手年俸や補強に余りお金を使わなくなった。
 アメリカのストーブリーグはなぜか冷えている。
 松井は今季の半分の年俸で、かつ1年契約とせざるをえなかった背景が見えてくる。
 契約が遅くなれば遅くなるほど、値切られる。
 年齢とケガは、実力の世界では命取りになりかねない。
 
 リーマンショックの際、公的救済を受けながらCEOの破格の報酬が続けられていたことが問題にされた。
 スポーツ界の報酬は契約更改時によく話題になる。
 この不況、日々の暮らしにやっとの人が多いのに、高報酬には首をかしげたくなる。
 事業仕分けに抗議して、スポーツ界はもちろん芸能界、ノーブル賞受賞者までがいっせいに声を上げている。
 そこには「襟を正す」謙虚さは微塵も感じられない。既得権益を主張してやまない姿に嫌になる。
 今までこうだったからでなく、無駄使いがないか見直してみて、納税者にこれだけは必要ということを見えるように透明化するべきだろう。
 現政権の新しい取り組みは、どれもこれも危なっかしいが、その維新の意気込みは買いたい。
 核密約のようなごまかしでは、これからの国際平和は実現できないと思う。

 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2009-12-17 18:26 | ニュース
 「私の外務大臣のときの経験で言いますと、在日の、在京のアメリカ大使館はこれ(国会質疑)をずーっと見てモニターしている」
 これは、さる6日参議院予算委員会での川口順子元外務大臣の質問の一節。
 自民党小泉政権で外務大臣を務めた川口さんの経験にもとずく自信たっぷりのことばだ。

 ある新聞は「やはり日本はアメリカの51番目の州?」と皮肉?たっぷり。

 対等な関係を掲げる民主党鳩山首相に「同盟関係にある国に対してはものの言い方がある」と厳しい?警告。
 
 自民党のたらいまわし政権なら知らず、政権が民主党に替わったのだから、外交関係であろうと新しい視点で見直そう、というのは当然のこと。
 
 はからずも、戦後の外交はアメリカ従属が身に染み付いていたことの証明でもあろう。
 このような元外務大臣の時代錯誤な認識は、自民党の再生の難しさを物語る。
 
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2009-11-13 22:55 | ニュース
 「まるでヒトラー・ユーゲント」=谷垣氏、議場での民主声援やゆ 
           10月26日20時53分配信 時事通信
 「ヒトラー・ユーゲントがヒトラーの演説に賛成しているような印象を受けた」。
 自民党の谷垣禎一総裁は26日、鳩山由紀夫首相の所信表明演説について、記者団から感想を求められた際、民主党議員が衆院本会議場で演説に合わせ声援を送る様子を、ナチス党の青少年組織ヒトラー・ユーゲントになぞらえて皮肉った。
 同日の首相演説では、民主党新人議員が拍手とともに整然と「そうだ!」と声援を送った。演説前に議場で先輩議員から「盛り上げて」と求められたためだが、自民党からは「ちょっと異様」「北朝鮮みたい」との声が出た。
 もっとも昨年8月には、麻生太郎自民党幹事長(当時)がナチス台頭を引き合いに民主党に審議復帰を促して同党の反発を買い、「ナチスにたとえたのではない」と釈明した経緯がある。
 谷垣氏の発言は不用意との指摘も出そうだ。

 野党自民党にはかつての与党自民党の誇りも見識も見られず、ここまで腐っていたのかと驚いた。 今日の国会代表質問の論戦でも、野次さえむなしく遠吠えに聞こえる。
 与党時代に磨いた腕で、もっと骨太の建設的な論議を展開してほしいものだ。
 
 自民党が衆院本会議の代表質問に若手代表として起用した、重鎮の覚えも良い総裁選3位だった西村議員の質問に答えた菅副総理「西村さんは外務政務官されたときにどんな大仕事したのか?なにも聞いていない」という言葉は重い。
 官僚丸投げの自民党での内閣経験では、まさに質問するたびにメッキがはがれそうで、勝負になるまい。
 人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2009-10-29 13:58 | ニュース

前原ショック

 前原国土交通大臣の就任後の発言は、山ツ場ダム、羽田ハブ空港、北方領土とショックの連続だ。
 自民党が進めてきた馴れ合い政治、形式民主主義がみごとにコペルニク的転換を見せている。
 国土交通省の幹部にとっては、まさにショックだろう。
 最初に有無を言わせない結論ありき。
 地元に限らず世論の批判も多い。
 しかし、ムダな事業に予算は使わない強い信念に基づいた事業打ち切りは、一定の支持を得てきているように感ずる。
 地元の意見を聞かない、専制ではなく、中止はするが今後については真摯に話し合うと言っている。
 国の予算が税収を超えて執行され続け、借金まみれの破産寸前のときに、どう再生するかはまさに痛みを伴うのは覚悟しなければならない。
 かといって、何もかも縮小中止では日本の明日はない。
 来年度予算の概算が出されたが、今年度麻生内閣予算を大幅なに超える100兆円に迫るもの。
 概算でこれほど話題になるのもいまだかってないこととか。
 マニフェストの実行には順位を明示して道筋をつければ納得もできよう。
 最近のマスコミに官僚の姿が消えて、行政府の生の考えが聞かれるようになった。

 優秀な官僚をリードする政治家の真剣な言動に、はらはらどきどきの毎日だ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2009-10-18 13:41 | ニュース

オリンピック騒動

 今回の劇的なオリンピック開催地決定を見せられて、「なぜオリンピック誘致なのか?」の思いが募るばかりだ。
 招致合戦の派手々しさ。その反面、盛り上がりに欠ける内情。
 かつて、東京で開催されたオリンピックでは、日本経済の成長促進剤にもなって新幹線、地下鉄、高速道路など夢がふくらみ一般国民の気持ちも盛り上がった。
 しかし、オリンピックは今やビジネス。
 プロ選手も参加させ名実ともに人類の祭典になった、と言いたいところだが、メダル獲得者には報奨金が支給され、選手の広告宣伝もJOCの大きなビジネスになっている。メダルのためにドーピングは絶えず、強化訓練には莫大な税金の負担も伴うようになってしまった。
 これは日本ばかりではない。
 開催規模が大きくなるにつれ一都市の負担では済まなくなり、国の負担も追いつかなくなってきた。大会毎に、テレビ放映権などの額の大きさが話題になる。
 北京オリンピックでは、競技会場建設資金などオリンピック経費のほとんどがスポンサー料やチケット販売でカバーされたとか。
 ロサンゼルス大会が、商業運営のはしりと言われれる。
 スポーツ選手の記録更新やその努力の積み重ねのドラマには、多くの感動があり勇気ももらう。

 しかし、東京落選のいま冷静に考えてみると、IOCはオリンピック開催に際して、開催都市にどれほどの財政支援をしているのかと疑問も沸いてくる。
 各都市任せで、興行収入の一部は吸い上げていると思われる。
 IOC国際委員は終身で特権階級化しているのではないか。
 クーベルタンが提唱した近代オリンピックのアマチュア精神からほど遠くなってしまった。
 
 候補地の激しい招致合戦がエスカレートするほど、落選の反動も大きくなる。
 シカゴや東京の世論の盛り上がりの低さは、行政と住民とのギャップの大きさを物語るのかも知れない。 
  
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2009-10-05 20:02 | ニュース

自民党の再生

 自民党新総裁に谷垣さんが選ばれた。
 再生に向けてにしては、なんとも再生の活力を感じさせない選挙戦だった。
 谷垣、河野、西村各候補の訴えには、再生への具体的提案は見られなかった。

 今回の総選挙で、「政権交代」を訴えた民主党が民意にフイットしたのは、官僚政治との決別だった。
 それは、言い換えれば、長年にわたる年金、健康保険などに代表されるいい加減さや、核密約、天下り、渡りなどの役人天国の蔓延だった。
 高級官僚にとっては国民の税金は終生の蜜になっていた訳だ。
 戦後の政治を実質的に牛耳ってきた保守自民党は、肝心なところを官僚に任せて今日まできた。
 その結果が年金問題のずさんな処理だったはず。
 戦後68年にしてはじめて、政治家主導の政策実現がいま進められている。
 官僚支配からの脱却は、やはり政権交代という地殻変動がなければできなかったと痛感する。
 かの「自民党をぶっ壊す」と言って圧勝した小泉政権でさえ、なしえなかった官僚と族議員のしがらみ。
 官僚任せの代表的な笑い話として、大臣答弁の際に「その件に関しては、重大な内容を含んでいるので局長から答弁させます。」というのがあった。
 国会答弁のほとんどが役人の書いた原稿を読むのが普通。国民もそんなものかと思っていた。
 そんな御用聞き政治屋にうっかり国の台所を任せてきたのが運のつき。いまでは全国のあちこちで悲鳴があがっている。
 自民党の再生は、この官僚任せとの決別をどうつけるかにかかっているのではないだろうか。
 
 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 ニュースブログへにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ
[PR]
# by komakado | 2009-10-01 22:59 | ニュース